バッグの金具とは?

バッグにはそれぞれパーツがあり、ものによっては金具が使われているものも多いです。持ち手との連結部分はもちろん、バッグの開錠口などが金具になっていることもあります。それぞれサビたり、風化したりすると壊れやすくなります。場合によっては、そういうサビや風化によって、使うのを諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。

ここで言いたいのは、そういうバッグも修理すれば使えるということです。近年はバッグ修理やパーツ交換の専門業者も多くなっています。そういうところに依頼すれば、まずもって心配する必要はありません。

場合によっては、新品同様にしてくれます。特に金具の場合は新しいものに交換するだけで、耐用年数もグッと伸びるでしょう。バッグはせいぜい数年使えばボロボロになってくるのですが、金具さえ綺麗にしておけばバッグ自体が壊れるということも少ないです。もちろん、業者によってはしっかりと対応してくれるところも多く、修理や交換によって数十年使えるものにしてくれることもあります。金具が壊れそうな時、壊れてしまった時などは、専門業者に交換してもらうようにしましょう。そうすれば、確実に長く使っていけるようになるはずです。

You Might Also Like